2006年08月29日

湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム 藤沢大会

湘南邸宅文化ネットワーク協議会シンポジウム
in藤沢
が開催されます!


■日時:2006年9月2日
■場所:藤沢市内各所及び市民会館第2展示ホール

湘南邸宅文化ネットワーク協議会

是非ご参加ください!

藤沢旧モーガン邸.JPG DSCN6370.JPG DSCN6431.JPG south_elev.jpg DSCN2840.JPG

yuya seki
posted by グリーンハウス at 15:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーンハウス再生プランの企画提案団体決定!

グリーンハウス再生プランの企画提案団体に
邸園文化調査団が選ばれました!!!


昨年度に引き続き、このブログで検討過程について
情報発信していきます。

善行雑学大学や善行大越スポーツクラブ、
旧モーガン邸を守る会、藤沢アートワークなど、
様々な団体と連携しながら、
再生の向けて検討して行きます。

また、11月開催の「湘南邸園文化祭2006」にも参加します。

いろいろ忙しくなりそうですが、
がんばっていきましょー!

yuya seki
posted by グリーンハウス at 15:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

グリーンハウスを舞台とした映画がヴェネチア国際映画祭に招待決定!

グリーンハウスを舞台とした映画が
ヴェネチア国際映画祭に招待決定!


昨年のWS報告会の際、
グリーンハウスの1階で、黒沢清監督が映画を撮影してましたが、
その作品:
『叫(さけび)』
がヴェネチア国際映画祭への正式招待が決定しました!

黒沢清監督「叫(さけび)」

「あなただけ許します…」


YUYA SEKI
posted by グリーンハウス at 19:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

「さがみ湾文化ネットワーク構想」

「さがみ湾文化ネットワーク構想」がまとまりました!

「モデル事業」の中に、
グリーンハウスの保全活用も盛り込まれています。

「さがみ湾文化ネットワーク構想」

YUYA SEKI
posted by グリーンハウス at 00:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神奈川県企画部政策課から…

「グリーンハウス再生プランの提案」の企画募集が始まりました!

当然ですが、邸園文化調査団も、
提案作成のお手伝いをすべく、
企画書を提案します。

昨年度のWSに参加された皆さんとも連携しながら、
また、これまで連携のなかった組織とも連携して、
実現性の高く、地域住民やスポーツ施設利用者にとって有効な、
再生プランを検討して行きたいと思っています。

「グリーンハウス再生プランの提案」企画募集

YUYA SEKI
posted by グリーンハウス at 00:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

グリーンハウスで春のコンサートが開催されました!(2006.04.15)

春のコンサート開催!


1月に行われた報告会で、
グリーンハウスでイベント等を実施して、多くの方にグリーンハウスの存在と魅力を知ってもらう必要がある、という提案がありましたが、
その企画第一弾として、
善行雑学大学主催により、マンドリンコンサートが開催されました!


DSCN4807.JPG
定員150人のところ、200人以上の方が集まりました(`∀´)♪


宮田さん.JPG
主催「善行雑学大学」代表の宮田さんによるご挨拶。
すいません、逆光です…。
菅さん.JPG
邸園文化調査団代表の菅より、WSでの検討の成果を発表。
その後、グリーンハウスの歴史についてのビデオを上映しました。

アンサンブル02.JPG アンサンブル01.JPG 野村さん.JPG
コンサートにご協力いただいた野村和也さんとアンサンブルの皆様がたです。
野村さんの絶妙なトークで、終始なごやかな雰囲気のコンサートとなりました!


なお、活用実験第一弾としての反省点ですが:
●演奏する方々のためのステージがないと、後方のお客さんから演奏者が見えない。
●夕方になるとGHの西側の開口部から西日が差しこむため、食堂の西側に演奏者がならぶ配置にした場合、楽譜などに日が当たり演奏者にとって見づらい。スクリーンを用意し、日光を遮蔽する工夫が必要。


逆に良かった点として:
●演奏する際、車の音が聞こえると雰囲気が台無しだが、GHだと聞こえてこない。
●音響も良い。

≪おまけ≫
チさん.JPG
施設は大事に使いましょう ( ̄3 ̄+

桜.JPG
グリーンハウスの1・2階テラスからは、たくさんの桜の木が見えます。
来年はお花見も是非やりたいですね!

また、今度は旧モーガン邸で庭園コンサートをやろうかという提案もあり、野村さんもノリノリでした。
そちらも楽しみですね!

YUYA SEKI
posted by グリーンハウス at 22:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

グリーンハウスでコンサートが行われます!

グリーンハウスで春のコンサートが行われます!

「野村和也と湘南マンドリン・ギターアンサンブル」

■日時:2006年4月15日(土)15:00〜17:00(14:45開場)
■場所:グリーンハウス
■主催:善行雑学大学
■共催:邸園文化調査団


入場料は無料です!(当日先着150名まで)

「グリーンハウス物語」のビデオも上映されます。
閉会後は懇親会もあります。

本企画に関するお問合わせは:
宮田さん(善行雑学大学)0466-82-0517
までお願いいたします。

お気軽にご参加ください(*^▽^*)"

mandorin.jpg

YUYA SEKI



posted by グリーンハウス at 14:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ご近所の旧モーガン邸の屋根修理(応急処置)に参加しました!(2006.02.12)

ご近所の旧モーガン邸の屋根修理(応急処置)に参加しました!

グリーンハウスから徒歩圏内にある旧モーガン邸は、
雨漏りにより屋根裏の傷みが進行していたため、2月12日に、
湘南邸宅文化ネットワーク協議会、旧モーガン邸を守る会、建築士会のスクランブル調査隊、邸園文化調査団などのメンバー有志が参加して、
屋根の応急処置をしました。

皆さん、普段のお仕事での経験を活かし、
手際よく作業が進みました。

屋根修理 011.jpg 屋根修理 027.jpg 屋根修理 044.jpg
(撮影:池田聖子 (財)日本ナショナルトラスト)

これから保全活用計画を検討したり、
補修工事に入っていくわけですが、
それまでの応急処置です。
なんだか痛々しいのですが、もうちょっと我慢してもらいましょう。

毎月、草取りなどのボランティア活動や、
コンサートなどのイベントが行われているようです。
詳しくはこちらのHPで:

■ようこそ!旧モーガン邸へ■
http://homepage1.nifty.com/Morgan/

ご関心のある方、是非ご参加ください!





posted by グリーンハウス at 13:33| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

善行・大越地区社体協が「総合型地域スポーツクラブ」設立!

善行・大越地区社会体育振興協議会が、
「総合型地域スポーツクラブ」を設立するそうです!


■神奈川新聞2006.02.21■
20060221記事.jpg


総合型地域スポーツクラブ:
http://mic.e-osaka.ne.jp/ns-net/ns-net/Chiiki.htm

記事によると、
「地域の学校や町内会・自治会、スポーツなど各種団体、サークルの支援を受けて設立にこぎつけた」
とあります。
既にいろいろな主体と関係を持っている組織なんですね。


良い関係を築いていきたいですね!

YUYA SEKI
posted by グリーンハウス at 11:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

三沢浩先生からA・レーモンド氏とグリーンハウスについて基調講演をいただきました!(2006.01.29)

三沢浩先生基調講演

日本近代建築の父 アントニン・レーモンド


1. レーモンドの建築は、何を日本文化の中に残したか?

●五原則(単純、自然、正直、直截、経済性)
- 自然の創る、自然の材料を用いる、ダイレクトに見せる、経済的に創り長持ちする。
- 高崎の群馬音楽センターは、市民のための建物。聴衆と楽団が一体になるように設計。不経済にはしない。景観に配慮(市役所より高い建物は建てない)。

●「近代建築」をさらに次元の高い方向に
-コルビュジエの工業生産的、合理的、鉄、コンクリート…ではなく、自然の材料を使う、見せる、力強いものを求めた。

●住宅に見る、和と洋の住まい方の合体

●自然との合体と景観の取り込み


2. グリーンハウスについて

●レーモンドは戦前に4つのゴルフ場のクラブハウスを設計(湘南、我孫子、藤沢、東京)

●グリーンハウスはスパニッシュ・スタイル
-施主は洋風を求めた。親しみやすいスタイル⇒スパニッシュスタイルに。

●4つのクラブハウスのうち、現存し使い続けているのはこのグリーンハウスのみ。

●また当時(1932)までにできた日本の24のゴルフクラブで現存する唯一つ。


3. レーモンドと日本

●レーモンドはタリアセンに行き、ライトのもとで建築を修行。パースの才能を買われ、ライトとともに来日。「帝国ホテル」建設。

●東京で18年間、戦後は26年間、合わせて44年間近代建築を設計。

●日本の風土に魅かれる。
 - 日本の生活スタイルで暮らしていた。木造の建物、障子のある部屋。三度の食事は自宅の中庭で、月の下で楽しんだ。
 - 8畳の寝室を居間に、雨の日の食事に使い、四畳半的な部屋を、なかなか便利だといって好んでいた。

●レーモンドは、日本に見られる、自然の材料を使った力強い建築に魅かれた。

●レーモンドは建て主のために設計している。様式を押し付けるというタイプではない。


※2007年に、レーモンドの展覧会が、ペンシルバニア大学のアーカイブや、カリフォルニア大学のサンタバーバラで開催される。神奈川県立美術館も受ける予定。

文責:関佑也(邸園文化調査団)

misawa_sensei.jpg misawa_kouen02.JPG misawa_kouen03.JPG


同じ職場で働かれていたため、
日常生活や建築に対する考え方など、
非常にリアルなお話を聞かせていただきました。
ますますレーモンドが、グリーンハウスが好きになりました。

少しずつグリーンハウスに息を吹き込んでいき、
いつかレーモンドに胸を張って、
今も市民のための建物として使われてますよ!
って言えるようになりたいですね!

YUYA SEKI

posted by グリーンハウス at 12:31| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。